メンバー紹介

  • 豊吉 隆一郎 代表取締役
  • 松本 哲 取締役
  • 角谷 信太郎 技術フェロー
  • K.H サーバサイドエンジニア
  • M.H 人事広報
代表取締役

世の中の無駄を省いて
シンプルにしていきたい

豊吉 隆一郎

岐阜工業高等専門学校を卒業後、Webのシステム開発で独立。
世の中を仕組みでシンプルにしたいという想いで、複数のWebサービスの開発や売却の実績を積む。さらなる飛躍を目指し2011年6月に株式会社Misoca(旧名スタンドファーム株式会社)を設立。

  • facebook
  • Twitter

フリーランスとして仕事をしていた頃と「今」の違いは?

フリーランスとして仕事をしていた時は、一人でなんでも決めてやっていたし、そもそも一人でできる範囲のことを考えてやろうとしていました。フリーランスではなくMisocaという組織として動くようになって、夢を大きく持つようになったと思います。
Misocaとして世の中を仕組みでシンプルにしていきたいという目標がまずあって、その上でMisocaを取引のプラットフォームとしてみんなで一緒に作っていきたいという想いがあるので、そこに向けて積極的に採用活動をしたり、事業を拡大していくことを考えるようになりました。
ここが大きく違うところかなと思います。

「クラウド請求サービス」を始めようと思ったきっかけは?

起業した時は別のサービスに取り組んでいて、それをやりながら設立半年くらいでMisocaを始めました。
Misocaが事業の中心になったのは、自分の想いや性格に合っていたからだと思います。
フリーランスの時は大小20個ぐらいのサービスを作っていて、その中にはファッション系のサービスや、おしゃれなカフェを紹介するサービスもありました。
それらも世の中に需要があったと思いますが、サービスを長く続けることができませんでした。
自分の得意・不得意みたいなものがあって、僕自身が本当に解決したいことでないと続かないということがわかったんです。
Misocaは実際に僕が請求書を発行する手間を感じていたし、それを解決したいという強い気持ちがあったから今も続けられています。
共同創業者の松本も、僕と同じように世の中の無駄を省いたり、シンプルにするということを目指していたので、今のMisocaになったのだと考えています。

今後はどのようなことを目指しますか?

最近、個人の取引だと、オークションやフリマアプリなどのインターネット上のプラットフォームでやりとりをすることが当たり前になっていますが、僕がインターネットを使い始めた時は当たり前ではありませんでした。
掲示板に書き込んで、「興味のある方は連絡ください」みたいなことをやっていましたからね。
個人の取引と同じように、これからは事業者間の取引もなんらかのプラットフォーム上で行われるようになるのではないかと思います。
取引の時に生じるコストはシステムに取って代わられるようになり、それによって自分のクリエイティブな力を活かしてやりたい仕事をできる人が増えるといいなと思います。
Misocaとしてその一端を担う存在になりたいですね。

休日はどのように過していますか?

休みの時もMisocaのことを考えたりします。ただ、四六時中仕事のことしか考えていないわけではないです。
4歳と1歳の娘がいるので、休日は子どものことを考えていることが多いですね。
何して遊ぼうかな、どこに行こうかな、とか。
できる限り行ったことがないところに連れて行ってあげたいなと思っています。
子どもが生まれて、人生が変わりましたね。自分が主役の人生ではなくなりました。
だけど、毎日すごく楽しいですよ。

好きなことは?

一人で集中してやることが好きですね。ランニングが好きです。
最近はレースになかなか出場できていないですが、毎月何十キロかは走ってます。
ランニングのいいところは、一人で始められるし、誰かと一緒に走ることもできることですかね。もっと多くの人がランニングをするようになればいいと思います。
運動すれば血行も良くなって頭も働くと思うし、身体は健康になるし、いいことだらけ。
一人で考え事ができるのもいいですね。ランニングって慣れると暇なんですよ。
今って会社にいても、家にいても一人になる瞬間ってなかなかないですよね。
一人でいるときもSNSで繋がっていたりする。
一人でランニングをするときは自分だけの時間なので、色々と考え事ができますよ。
ランニングをする場所としては、街を走るときもあるし、公園などで走ることもあります。
公園までは車で行くときは、なんだか矛盾を感じますけどね。

幸せを感じる瞬間は?

基本的に僕はずっと幸せだなと思っています。多分、僕は人よりも幸せを感じやすいタイプなんだと思います。
例えば、今瞬間も幸せですよ。
今は特に痛いところもなくて、家族も健康で、社員のみんなも元気に過ごしていてますからね。
もし僕が急に入院したりしたら、今の状況に戻りたいって思うだろうなって。
今みたいな普通って、その時になったら全財産を払ってでも取り戻したい瞬間だと思います。
家に帰ってからも、子ども達の寝顔を見ながら「この時間がタダだなんて...こんなに価値のある時間なのに」と思ったりもします。
この子どもを見つめてる10秒って、ものすごく価値があると思うんですよ。
いつかの未来で、例えば死ぬ直前に過去に戻って4歳と1歳の娘と10秒眠れるとなったら、いくらでも払えるなー価値がある時間だなーって思いながら過ごしています。
だから毎日会社にいることも、家にいることも幸せだなと思います。

人生の目標を教えてください。

「何かをしたい」とかはあまりないので、常に最高レベルの自分を目指していきたいなと思います。
まだまだ自分にできることはたくさんあると思うんですよね。
もっと世の中の役に立つことや、多くの子どもたちに夢を与えることとかも。
今は株式会社Misocaの代表として、20人近いくらいの人と一緒に仕事をしていますけど
これは5年前には想像ができなかったことなんですよ。
だったら、続けて最高レベルの自分に向かうことで、次の5年もまた想像以上のことができるようになるんじゃないかと。
最高レベルの自分を目指して、できるところまで自分をバージョンアップしていきたいなと思います。
まだまだ頑張ります!

エントリー

エントリーの前に「個人情報の取り扱い」について
ご確認ください。

希望職種がない方はこちら

Misocaでは、通年採用を実施しています。希望職種の募集がない場合でも、
「Misocaで働きたい!」「Misocaでやりたいことがある!」という方は、
こちらのエントリー希望フォームからエントリーをお願いします。

エントリー希望フォーム

※当社で採用ニーズが発生した時点で、エントリー時にお送りいただいた情報と募集要件を照らし合わせ、適合した場合に正式選考の打診をさせていただきます。

ウォンテッドリーでも募集中

Wantedly

Wantedly