メンバー紹介

Misocaで働くメンバーが心がけていること

mugi_unoEngineer

Misocaはいつでも誰でもリモートワークができるので、「対面: 主, リモート: 従」のように区別せず、ごく自然なものとして利用しています。

mallowlabsEngineer

Misocaの日報には「今の気持ち」や「ポエム」という欄があり、そこに積極的に気持ちを書くようにしています。メンバーからコメントが入ったり、コメントを入れたりするやりとりが楽しいです。

komatatsuEngineer

「ここがわからない」と発言すると、その場の説明だけでは飽き足らず、その分野が得意なメンバーによって社内プログラミング講座が突然行われたりするので、とても助かっています。

eitoballEngineer

使っている技術やライブラリは、可能な限り最新のものを使うよう心がけています。
困っていると積極的に手助けしてくれるMisocaの文化が好きです。

tatsumaEngineer

みんなが作業に集中できる環境作りを心がけてます。そのために、オフィスの換気と植木の水やりを積極的に行っています。

mizukmbEngineer

属人化させないことを心がけていて、ちょっとした作業でもesaなどに残し、誰でも作業ができる状況を作っています。あと、最近ではビデオチャットの後に手を振るようになりました。

torimizunoDesigner

会社やチーム全体でどうすればより大きな価値が提供できるだろうか、という視点を大切にしています。その結果、自分たち、利用者、それらを取り巻く環境の三方良しが達成できるとうれしいですね。

ryotaEngineer

弥生からMisocaにきて、一緒になって働いています。できるだけ今後世の中がどうなっていくのか、どうしていきたいかを考えて、それをふまえてから仕事するようにしています。

kokuyouEngineer

プロセスを憎んで人を憎まず。気づいたことに裁量を持って取り組める土壌があるので、パフォーマンス改善やCIの整備などを自由にやっています。

kosappiEngineer

「バグを憎んで人を憎まず」という精神が好きです。個人ではなく、チームでプロダクトと向き合う姿勢が気に入っています。

hidakatsuyaEngineer

得意分野を生かせる土壌があるので、得意としている帳票周りを中心に拡張・改善を進めています。

オッ、いい話ですね〜

Misoca のメンバーは「いいはなし」っていう言葉をよく使うと思う。
例えば「〇〇についてわからない、知らない」というと「いいはなしですね ー」って一回受け止めてもらってから教えてもらうという経験を何度もしている。 心理的安全性の確保が口癖になっているというのはとても「いいはなし」だよね。

思いついたことはとりあえず試す

「これやったほうがええんちゃう?」と思ったらとりあえずやってみて、まぁまずかったらやめればいいよね、の精神。失敗を前提になんでも気軽に試してしまいます。

カメラに映らなくてもズボンはちゃんと履く

ビデオ会議ソフトのZoomにはたいてい顔しか映っていないんだけど、ちゃんと履いています(パジャマは許してほしい)。

リモートしぐさ

くしゃみをする時はマイクをミュートにします。ミュートボタンを押すのも速いですよ。

以後気をつけない

Misocaの人は仕組みで解決しようとするので、「以後気をつけます」って言わないし、聞かないですね。

「そんなんあたりまえじゃん」みたいに思われる意見も言語化して発信する

slackでもesaでもgithubでも、もちろん対面でも。発言のハードルを下げていきたい。

エントリー

エントリーの前に「個人情報の取り扱い」について
ご確認ください。

希望職種がない方はこちら

Misocaでは、通年採用を実施しています。希望職種の募集がない場合でも、
「Misocaで働きたい!」「Misocaでやりたいことがある!」という方は、
こちらのエントリー希望フォームからエントリーをお願いします。

エントリー希望フォーム

※当社で採用ニーズが発生した時点で、エントリー時にお送りいただいた情報と募集要件を照らし合わせ、適合した場合に正式選考の打診をさせていただきます。

ウォンテッドリーでも募集中

Wantedly

Wantedly