基盤整備エンジニア(SRE)
採用情報

ミッション

すべての人が「本来やるべきこと」に注力できるよう、より良い仕組みやルールで物事をシンプルにして、世の中のスループットを上げていくことを開発メンバーのミッションとしています。

仕事内容

SRE (Site Reliability Engineering / サイト信頼性エンジニアリング) は、サイト(サービス)の信頼性を高め、より高い品質で運用を行います。

従前の「インフラエンジニア」に対し、システムの安定運用を守る点は同じですが、アプリケーション開発者が積極的に挑戦したり開発のストレスを削減することを支える活動の占める割合も大きくなります。

運用に関しても、Dev vs Ops のような分類ではなく、サービス提供者としてより高品質な価値やユーザ体験を顧客に届けるために、サイト信頼性の側面から貢献を行います。

具体的な業務内容は、多岐にわたりますが、一例を紹介します。

  • ・アプリケーションやミドルウェア、プラットフォームの運用、パフォーマンスの改善
  • ・オペレーションを自動化するためのツールの開発、運用
  • ・サーバプロビジョニングやデプロイの自動化、環境整備
  • ・ログ収集・分析基盤の設計、構築、運用
  • ・システムの技術的な問題の発見、解決
  • ・モニタリングや障害検知の自動化、高度化
  • ・不正アクセスの検出や脆弱性対応などのセキュリティ対策
  • ・アプリケーション開発環境の整備、改善

現在は一部のサーバサイドエンジニアが主導して改善を行っていますが、他の作業が優先されてしまい、後回しになっている部分が多くなっています。直近ではこうしたSRE領域の取り組みを集約し、今後どういった取り組みをしていくかの整理や、そのための体制づくりも仕事に含まれます。

開発環境

  • ・アプリケーション環境:Ruby on Rails(5.x), Vue.js, React Redux, jQuery
  • ・コミュニケーション:Slack, esa, Trello, zoom.us, GitHub
  • ・CI: AWS EC2 Spotinstance上に構築した並列テスト実行環境(rrrspec)
  • ・データベース:Amazon RDS(MySQL)
  • ・本番環境: AWS EC2 + S3 + Amazon Elasticsearch Service
  • ・開発環境: AWS Codebuild + ECS
  • ・社内ツール環境: Heroku + AWS Lambda
  • ・デプロイ方法: chatbotとCodeDeployの組み合わせ
  • ・構成管理: 一部Terraform

求める人材

  • ・システムの技術的問題(例:パフォーマンス低下)の原因を発見、解決する努力を惜しまない人
  • ・次々と現れる新サービス、新概念を積極的かつ柔軟に取り入れ、絶えず新しいことを学べる人
  • ・リスクとベネフィットのバランスを勘案しつつ、信頼性向上のための変化を生み出せる人
  • ・Web アプリケーション開発について理解しており、アプリケーション開発者をエンハンスすることができる人
  • ・「努力と根性」ではなく、ソフトウェア・エンジニアリングによって問題を解決しようと試みる人
  • ・「夜、安心して眠れる」ための環境を、工夫して構築できる人
  • ・問題解決ために必要な 人間を巻き込み、チームで問題を解決しようと試みる人

必要なスキル

必須スキル
  • ・基礎的なプログラミング能力
  • ・Webアプリケーション開発もしくは運用経験
  • ・Linux プラットフォームに関する基礎知識
  • ・TCP/IP、HTTP などのネットワークプロトコルに関する基礎知識
歓迎スキル
  • ・AWSなどのクラウド環境におけるサービス運用経験
  • ・コンピュータサイエンスに関する、学部レベル以上の知見
  • ・システムの性能や信頼性を向上させるのに必要なツール等を作るプログラミング能力
  • ・RDBMS の運用経験
  • ・情報セキュリティに関する知識
  • ・ログ解析基盤の構築経験
  • ・モニタリング/通知システム自動化の経験
  • ・JenkinsなどのCI/CDの構築・運用経験

エントリー

エントリーの前に「個人情報の取り扱い」について
ご確認ください。

松江オフィスに遊びに来ませんか?

松江オフィスにて、エンジニアの方を対象に会社見学会を開催しています。
興味のある方は下記にて詳細をご覧ください。

詳細はこちら

ウォンテッドリーでも募集中

Wantedly

Wantedly