Misoca Recruit

ホーム
コンセプト
Misocaについて
メンバー紹介
採用情報
エントリー

開発プロセス・開発環境

全体プロセス

Misocaではロードマップ会議と呼ばれるMisoca経営陣と各プロジェクトの代表者が参加する会議があります。
ロードマップ会議からプロジェクトが生まれ、各プロジェクトからプロダクトに反映されます。

プロジェクトプロセス

スクラムを採用して開発のイベントをつくっています。
1スプリント1週間として、1週間でやることを洗い出して目標を立て、スプリントの終わりにやったことや成果についてふりかえりをします。

開発環境・技法

  • ・アジャイル開発(スクラム)
  • ・テスト駆動開発
  • ・継続的インテグレーション

技術フェロー

角谷信太郎

一般社団法人日本Rubyの会理事。Asakusa.rbメンバー。
監訳書・訳書は『アジャイルサムライ』『アジャイルな見積りと計画づくり』『アジャイルプラクティス』など。寄稿や講演も多数。

開発を支えるツールと環境

言語・ライブラリ

  • ・Ruby
  • ・Rails
  • ・RSpec
  • ・JavaScript
  • ・React
  • ・Redux
  • ・Swift
  • ・MySQL

環境・サービス

  • ・AWS
  • ・Docker
  • ・Apache
  • ・Unicorn
  • ・Ubuntu
  • ・Jenkins
  • ・CodeDeploy
  • ・RRRSpec
  • ・Sendgrid

開発管理・情報共有

  • ・Github
  • ・Trello
  • ・Slack
  • ・esa.io
  • ・Google Hangouts
  • ・Zoom.us
ブログ・インタビュー記事
Misoca開発プロセス(開発ブログ)

エントリー

エントリーの前に「個人情報の取り扱い」について
ご確認ください。

希望職種がない方はこちら

Misocaでは、通年採用を実施しています。希望職種の募集がない場合でも、
「Misocaで働きたい!」「Misocaでやりたいことがある!」という方は、
こちらのエントリー希望フォームからエントリーをお願いします。

エントリー希望フォーム

※当社で採用ニーズが発生した時点で、エントリー時にお送りいただいた情報と募集要件を照らし合わせ、適合した場合に正式選考の打診をさせていただきます。

ウォンテッドリーでも募集中

Wantedly

Wantedly